バイク売るならモトメガネ買取!チェック!

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、ご利用下さい。
※個人情報はバイク査定のみで使用し、一定期間後に削除されます。

不動バイクの買取は可能?高値で売却可能な不動バイクの特徴も解説

買取・売却

不動バイクの買取は可能?高値で売却可能な不動バイクの特徴も解説

しばらく乗っていないバイクが、気づけば動かなくなっていたという方もいるでしょう。不動バイクを処分する方法には、廃品回収業者や二輪車リサイクル指定取引場所への持ち込みなどが挙げられますが、バイクの買取業者に買取を依頼する方法もあります。

当記事では、不動バイクは買取できるのかどうか、高値で買い取ってもらうためにはどうすればよいのかを解説します。動かないバイクの扱いに困っている方は、ぜひ当記事を参考にしてください。

不動バイクとは?

不動バイクとは、長期間にわたって放置していたためにエンジンがかからず、動かなくなったバイクのことです。事故や故障が原因で動かなくなったバイクとは異なり、バッテリーが上がったり、キャブレターが詰まったりなどが原因で動かなくなります。

不動バイクの多くは簡単な修理のみで再び動くようになるため、不動バイクとして買取業者に買取を依頼できるケースもあります。買取してもらえれば、バイクショップなどに修理に出してから売却するよりお得です。

不動車と故障車・事故車の違い

動かなくなったバイクとしては、不動車のほかにも故障車・事故車があります。いずれも正常に動かなくなったバイクですが、それぞれ動かなくなった原因や定義は異なります。

故障車とは、主にエンジンや電気系統のトラブルに起因して通常の走行が不可能となったバイクです。一方、事故車とは、交通事故や転倒事故によってフレームが破損したバイクを指します。

不動車と故障車・事故車の中で、最も容易に修理できる可能性が高いのは不動車です。故障車・事故車は故障や破損の程度によっては、大掛かりな修理が必要となり修理費用もかさみます。対して、修理が容易な不動車は買取もしてもらいやすいでしょう。

不動バイクを手放す方法

不動バイクを手放す方法にはいくつかの選択肢があり、それぞれ特徴が異なります。一般的な処分方法の1つは、廃車取引業者や廃品回収業者への依頼です。全国各地にある廃車取引業者や廃品回収業者に依頼すると、不動バイクを処分できます。

日本の大手バイクメーカーなどが設置している二輪車リサイクル指定取引場所への持ち込みも処分方法の1つです。処分したいバイクが取引基準を満たし、必要書類をそろえて持ち込むと、無料で引き取ってもらえます。

上記で紹介した方法を利用すると不動バイクを手放せるものの、値段がつかない点はデメリットです。また、廃品回収業者によっては回収費用を請求される場合もあります。このため、一度は買取業者に査定依頼することをおすすめします。

買取してもらえる不動バイクの特徴

動かないバイクであっても、一定の特徴に当てはまっていれば売却は可能です。以下では、買取してもらいやすい4つの特徴を取り上げ、それぞれについて詳しく解説します。買取を依頼する際の参考にしてください。

海外への輸出ができるバイク

日本の大手バイクメーカーの製品は海外でも人気が高く、不動バイクも輸出用として買取してもらえる可能性があります。東南アジア諸国など、海外には自動車よりもバイクの利用率が高い国も多く、日本の中古バイクが重宝されています。

海外の国によっては修理費用が日本よりも安価となるため、不動バイクの場合も輸出後に現地で修理、販売できる点もメリットです。日本では需要が低い車種やモデル、走行距離が多いバイクなども比較的高額で買取してもらえる可能性があるでしょう。

パーツの売却が可能なバイク

バイクとしては動かなくても、バイクのパーツに問題がなければ、ほかのバイクに使ったり、パーツとして販売したりできます。このため、再利用できるパーツが多いほど高額で売却できる可能性は高まります。

バイクのパーツは、エンジン・シート・マフラー・サスペンション・タンク・カウルなどさまざまです。不動バイクであっても、きれいに使える状態で残っているパーツだけでなく、希少で高額なパーツがあれば買取額アップにつながります。

簡単な修理で動くようになるバイク

バイクが動かない原因が明らかで、簡単な修理で動く見込みがあれば、買取してもらいやすいでしょう。万が一、不動バイクとなった原因が分からないと、買取業者にとっては修理費用が予想以上にかかるリスクがあり、買取してもらったとしても買取額は低くなります。

バイクが動かなくなる原因の多くは、バッテリー上がりやキャブレター詰まりです。バッテリー上がりであればバッテリーを交換する、キャブレター詰まりであればオーバーホールを行うといった簡単な修理で動く可能性があります。修理の手間がかからないバイクほど高額買取も期待できます。

動かなくなってから日の浅いバイク

動かなくなってから日が浅いバイクは、高額で買取してもらえる傾向です。動かなくなってから時間が経てば経つほど、各パーツや外装の劣化や腐食が進み、全体のコンディションも悪化します。長期放置したバイクは修理の費用が増し、買取額は低くなりがちです。

バイクを放置していた期間が1年未満であれば、高額での買取が期待できるでしょう。買取額を下げないためにも、不動バイクの売却を検討している人には、できるだけ早いうちに決断することをおすすめします。

不動バイクを高値で買い取ってもらうコツ

動かないバイクを少しでも高値で買い取ってもらうには、気をつけたほうがよい点がいくつかあります。丁寧な状況説明と適切な保管、複数業者への査定依頼など、いずれも難しい作業や手続きではありません。以下では、3つのコツについて詳しく解説します。

動かない原因をしっかり説明する

買取業者に対して、バイクが動かなくなった原因をしっかり説明することが大切です。修理や再販の見込みが立ち、買取業者にとって査定がしやすくなります。説明する内容としては、動かなくなったタイミングや放置していた期間、考えられる原因、保管方法などです。

高額で買取してもらおうとして、放置の期間や保管方法などをごまかしたり、嘘をついたりすることはおすすめしません。状況を正直に伝えると買取業者のスタッフや査定士に良い印象を与え、希望通りに取引が進む可能性も高まるでしょう。

バイクを丁寧に保管する

動かないバイクであっても、保管方法によっては劣化を妨げます。特に気をつけたほうが良い点は、保管場所です。動かなくなったバイクは基本的に、屋内での保管をおすすめします。屋内であれば、紫外線や雨、ホコリなどからバイクを保護できます。

一方、屋外にバイクをむき出しで放置しておくと紫外線や雨などによる劣化が進み、修理の費用がかさむ可能性はあります。屋外で保管せざるを得ない場合は、バイクカバーをかけて車体をしっかりと保護するとともに、盗難防止のロックも忘れずに行ってください。

複数の買取業者に査定してもらう

走行可能なバイクを売る場合、買取業者によって買取額に差が出ます。動かないバイクも同様です。A社では値が付かない不動バイクも、B社では高額で買取してもらえるケースがあるなど、買取相場には大きな開きがあります。

買取業者によって買取額に差が出る理由は、それぞれに査定基準や優先事項が違うためです。1社の査定で損をしないよう、複数の買取業者に査定依頼し、見積もりを比較検討した上で選択することをおすすめします。

まとめ

不動バイクは、故障車や事故車とは異なり、主に放置が原因で動かなくなったバイクのことを言います。少しの修理で動くようになるケースが大半であり、買取業者に持ち込むと値段が付く可能性もあります。

買取業者に査定をしてもらうときは、動かない期間や原因、保管方法などをきちんと伝えましょう。バイクの劣化が進まないよう、保管方法に気を配ることも必要です。不動バイクを早めに業者に持ち込むと、劣化が進まない状態で持ち込めるため、買取金額が高くなるケースもあります。

また、業者によって異なる値段が付く可能性もあるので、査定は複数業者に依頼するのがおすすめです。

バイクだけでなく、自動車でお悩みの場合でも不動車に強いサービスがおすすめです。
廃車高価買取ならSOCOCARA

バイクを手放したり、乗り換えるならバイク買取一括査定!

バイク買取一括査定なら、たくさんの買取業者の中から自分のバイクに合った買取業者を一度の入力作業で見つけることが可能です。
また時間や手間をかけずに、安心してバイクを高く売れるため、バイクを売却するのが初めての人でも安心です。

モトメガネバイク買取一括査定なら、最大で買取査定額の上位2社からのみの連絡のため、面倒な電話対応なし!ネットの事前査定も写真がなくても可能なので、気軽に申し込めるのも魅力です。

全国の上位2社から無料見積もり!バイクの無料買取査定はこちら

関連記事Related Articles

バイクはボロボロでも買取できる?不動車の相場や処分方法を解説

バイクはボロボロでも買取できる?不動車の相場や処分方法を解説

バイクを買取に出したいと考えているものの、すでにボロボロで動くかどうかも分からない状態の場合、本当に買取してもらえるのか不安に感じるものです...

買取・売却

250ccクラスのリセールも『ADV160』をはじめホンダ勢が上位

前回は原付一種&二種のリセール・プライスランキングを紹介した。記事はこちら! 今回は250ccクラスのリセール・プライスランキングを紹介して...

買取・売却

不人気車種のバイクを高く買い取ってもらうコツ

車両の新旧を問わず、人気車種の買取価格が高いのは周知のことだろう。問題は不人気車種やマイナー車種の場合だ。 不人気車種、マイナー車種を少しで...

買取・売却
大型バイクの維持費はきつい?年間にかかる費用・税金の内訳を解説

大型バイクの維持費はきつい?年間にかかる費用・税金の内訳を解説

大型バイクを所有する際には、維持費や税金がどれくらいかかるのか、事前に把握しておくことが重要です。 そこで当記事では、大型バイクの年間維持費...

買取・売却
バイクは走行距離何キロが限界?寿命の延ばし方と中古バイクの選び方

バイクは走行距離何キロが限界?寿命の延ばし方と中古バイクの選び方

長年同じバイクに乗り続けていると、ふと「バイクの寿命はどのくらいだろう」と気になることはないでしょうか。バイクの寿命は、排気量によって異なる...

買取・売却

売買が簡単なフリマサイト。そこでバイクを売却するのはどうなの?

昨今、フリマサイトでの売買が人気となっているが、バイクの出品となるとどうだろう? 自分で売却価格を決められることや、比較的早くバイクが売れる...

買取・売却

必要書類にプラスしてバイクを少しでも高く売るポイント!【記録簿、保証書、取説】

バイクを売却する時、査定金額をアップさせるポイントがいくつかある。今回は必要書類に加えて、あると査定UPが望める書類関連を紹介しよう。 なお...

買取・売却

バイクの種類『スポーツ』とはどんな車両?

バイクの種類は様々あるが、その中でもスポーツと言われるモデルはどんな車両なのだろうか。今回は、スポーツタイプのバイクについてふれていこう。 ...

買取・売却