バイク売るならモトメガネ買取!チェック!

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、ご利用下さい。
※個人情報はバイク査定のみで使用し、一定期間後に削除されます。

バイクを高く売るための売り方は?コツと売却の流れについて解説

買取・売却

バイクを高く売るための売り方は?コツと売却の流れについて解説

バイクを売りたいものの、どのような方法で売るのがよいか分からないという方もいるでしょう。また、大切にしてきた愛車をできる限り高値で売るには、どうすればよいか考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、バイクの売り方の選択肢に加え、バイクを高く売るコツを4つ詳しく解説します。また、買取業者で売る際の流れもステップごとに具体的に示すので、バイクの売却について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

バイクの売り方にはどのような選択肢がある?

バイクを売る際の選択肢として、大きく分けて個人に売る・下取りに出す・バイク買取業者に売るという3つの方法があります。それぞれ特徴とメリットが異なるため、状況に応じて選択することが重要です。

・個人に売る

友人や知人に、またはオークションサイトやフリマサイトなどを通じて、直接個人に売る方法です。中間マージンがほぼなく、カスタムバイクでも高値で売れる可能性があります。しかし、買い手を見つけるのが難しかったり、手続きやトラブルの対応が大変だったりするケースも多いのが個人売買です。オークションやフリマサイトを利用する場合は、手数料や輸送コストがかかる点も考慮する必要があります。

・下取りに出す

バイク販売店で新規購入する際に、古いバイクを下取りに出す方法です。購入と同時に手続きが完了するため、手間や時間がかかりません。しかし、下取り額が平均買取相場より低い傾向にあるため、高額での売却は期待しにくい方法です。また、下取りに出す店舗でのバイクの購入が必須となります。

・買取業者に売る

バイク買取を専門にしている業者に売る方法です。査定額が高くなりやすく、無料出張査定や名義変更の代行サービスを提供している業者も少なくありません。競合が多ければ買取金額の引き上げも可能で、少ない手間でも高値での売却が期待できます。

上記の方法の中では、買取業者に売るのが一般的です。売却や各種手続きにかかる手間が少ないうえ、比較的高値で売れる傾向にあります。値段がつかないほど状態の悪いバイクや、極端にカスタマイズしたバイクでない限り、買取業者への売却がおすすめです。

バイクを高く売るための4つのコツ

バイクを高く売るには、いくつかの重要なポイントがあります。以下で解説する4つのコツを実践すれば、手持ちのバイクの価値を最大限に引き出せ、満足のいく売却額を得やすくなるでしょう。

買取相場を把握しておく

バイクを高く売るためには、まずバイク買取相場を把握しておくことが重要です。相場価格を知っていれば、査定時に業者の提示した額が適切かどうかを見極められます。また、提示された価格が低い場合、相場情報を武器にすればバイクを高く売るための交渉が有利に進められるでしょう。

相場を知る方法としては、バイクの年式や走行距離を入力するだけで相場データが確認できる、オンラインサービスの利用が便利です。人気の高い車種であれば、買取価格のランキングなどを探してみてもよいでしょう。複数の業者に依頼して査定見積もり金額を比較検討するのも、適正価格で売却するためには欠かせません。

事前に洗車をする

事前に洗車しておくと、バイク買取査定額に好影響をあたえられます。バイクをピカピカに磨き上げておけば、見た目がきれいになるだけでなく、大切に扱っていることもアピールできます。バイク査定士も人なので、パッと見の印象が査定額に多少影響を及ぼすケースは少なくありません。汚れがないと傷やへこみの有無が明確になり、査定の正確性が上がるのもメリットです。

洗車や修理に高いコストをかける必要はありませんが、最低でも水洗いやステッカーの除去程度はしておきましょう。可能であればバイク用の洗剤で洗い、サビ取りやワックスがけをしておくのもおすすめです。また、曇りの日に洗車すると水垢がつきにくくなります。

できるだけ純正パーツを用意する

カスタム済みのバイクで純正パーツが手元に残っているのであれば、査定時に提示できるように用意しておきましょう。カスタマイズしたバイクには個人の好みが強く反映されているため、万人に受けるとは限りません。純正パーツを持っていれば、カスタムパーツが原因のマイナス査定のリスクを減らすことができます。

ただし、純正パーツがない場合は無理に購入する必要はありません。純正パーツの購入費用が査定額にそのまま上乗せされる保証はないためです。また純正パーツの有無が査定額の上昇につながるとは限りません。気になる場合は、純正パーツなしで査定を受けた後、部品の有無によって査定価格が変化するか確認してみてもよいでしょう。

定期的なメンテナンスをする

日頃のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。メンテナンスをしっかりと行っているバイクは故障が少なく、中古市場での価値が高まるためです。年式が古いバイクでも、メンテナンス状態が良好であれば高価買取の可能性が高まります。

洗車やサビ取りだけなく、エンジン回りや電気系統、ブレーキなどに不具合が生じないよう、定期的な点検や調整、部品の交換を欠かさないことが大切です。メンテナンスの履歴を記録しておくと、バイクに手をかけてきたことが業者にも伝わりやすくなります。

買取業者へのバイクの売り方

バイクを買取業者に売る際の手順は、必要書類の準備から査定の予約、実際の査定を受けて最終的な契約を交わすまで、大きく4つのステップに分けられます。取引をスムーズに進めるためにも、査定依頼を出す前に全体の流れを把握しておきましょう。

必要書類を揃える

バイクを買取業者に売却する際には、事前に必要な書類を揃えておきましょう。バイクを売る際に必要な書類は、廃車手続きの有無や排気量によっても異なります。

廃車手続きを自分でしない 廃車手続きを自分でする
125cc以下 ・標識交付証明書 ・廃車証明書
125cc超~250cc以下 ・軽自動車届出済証 ・軽自動車届出済証返納証明書
250cc超 ・自動車検査証(車検証) ・自動車検査証返納証明書
・自動車納税証明書

以下は、どのバイク売却の際にも用意する書類です。

  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 自賠責保険証明書
  • 取扱説明書・車載工具・純正パーツ(ある場合)
  • 印鑑(シャチハタ以外)

以上の書類を準備しておくと、買取のプロセスがスムーズに進みます。

査定の予約をする

買取業者へは、電話やメール、Webサイトのお問い合わせフォームを通じて、自分に都合のよい日時で査定申し込みできます。予約時には、バイクの車種名・走行距離・年式などの情報が必要です。車検証や軽自動車届出済証などの登録書類を準備しておきましょう。

出張買取の場合は、自宅まで来てもらえます。売却後の移動手段や動かないバイクの運搬手段を心配する必要がありません。

査定を受ける

査定当日は必要書類と印鑑を準備し、バイクの洗車やエンジンの始動チェックを済ませておきましょう。査定はおよそ30分から1時間程度です。バイクの状態がよければチェックポイントも少ないため、短い時間で終わります。

最初に提示されるのが最高額査定とは限りません。事前に買取価格相場を調べておき、納得がいかなければ交渉してみましょう。

契約を交わす

査定金額に納得したら、買取業者と売買契約を結びます。契約書の内容を丁寧に確認し、問題がなければ押印して取引を完了させましょう。売却金は、その場で即金で受け取るか数日以内の振り込みとなるのが一般的です。

買取業者は手続きを確実に行うため、売却前に廃車手続きや名義変更を自分自身で行う必要はありません。自分名義から変更された書類のコピーが届いたら取引は終了です。

まとめ

バイクは個人で売る・下取りに出すといった方法で売ることもできますが、買取業者を利用することが一般的です。バイクを高く売りたい場合、買取相場の把握や、事前の洗車、純正パーツの準備、定期的なメンテナンスなどが重要となります。

実際に売却する際は、必要書類を準備した上で査定の予約をし、その後査定を受けて契約するという流れとなります。必要書類は廃車手続きの有無や排気量によって異なるため、事前に調べておきましょう。

もちろんバイク以外でも同じことが言えます。自動車のリセールについては下記サイトが参考になりますので、チェックをオススメします。
自動車情報サイト「くるまはっく」

バイクを手放したり、乗り換えるならバイク買取一括査定!

バイク買取一括査定なら、たくさんの買取業者の中から自分のバイクに合った買取業者を一度の入力作業で見つけることが可能です。
また時間や手間をかけずに、安心してバイクを高く売れるため、バイクを売却するのが初めての人でも安心です。

モトメガネバイク買取一括査定なら、最大で買取査定額の上位2社からのみの連絡のため、面倒な電話対応なし!ネットの事前査定も写真がなくても可能なので、気軽に申し込めるのも魅力です。

全国の上位2社から無料見積もり!バイクの無料買取査定はこちら

関連記事Related Articles

バイクの傷の有無で買取査定はどう変わる?

バイクの買取で気になるのが傷の有無や大小……。そこで今回は高価買取でポイントとなるバイクの傷について解説していこう。 目次1 傷の有無に関わ...

買取・売却
バイクの廃車手続きを自分でする方法|必要書類や処分方法を解説

バイクの廃車手続きを自分でする方法|必要書類や処分方法を解説

使用していないバイクを売却したり、故障したバイクを処分したりしたいときには、本体を処分するだけでなく廃車手続きが必要になります。ただし、手続...

買取・売却
バイクの立ちゴケや転倒歴は査定に影響する?修理しなくても大丈夫?

バイクの立ちゴケや転倒歴は査定に影響する?修理しなくても大丈夫?

走行中ではなく停車中に、バイクにまたがった状態のまま倒れてしまうことを「立ちゴケ」と言います。この立ちゴケによる車体の傷や転倒歴は、査定に影...

買取・売却
バイクはボロボロでも買取できる?不動車の相場や処分方法を解説

バイクはボロボロでも買取できる?不動車の相場や処分方法を解説

バイクを買取に出したいと考えているものの、すでにボロボロで動くかどうかも分からない状態の場合、本当に買取してもらえるのか不安に感じるものです...

買取・売却
バイク売却時に必要な書類は?排気量ごとに手続きで必要なものを解説

バイク売却時に必要な書類は?排気量ごとに手続きで必要なものを解説

「バイクに乗らなくなった、新車種のバイクに乗り換えたい」などの理由で、今所有しているバイクを売却する場合、事前に必要書類を準備しておくと手続...

買取・売却

地元の掲示板『ジモティ』でバイクを売買するメリット、デメリット

『ジモティ』をご存知だろうか?地元の掲示板と称した地域密着型のサービスで、アルバイトの募集やイベントのPR、習い事の生徒募集といったものから...

買取・売却

フルモデルチェンジ・マイナーチェンジで査定額は変わるのか?

モデルチェンジとは、バイクの名称やデザイン、機能などを大幅に変更することを指します。フルモデルチェンジとマイナーチェンジの2種類があります。...

買取・売却

125ccまでのオートバイを売却するときに必要な書類とは?

オートバイを売却する時には各種書類が必要となる。それら書類は、排気量によって変わってくるのをご存知だろうか。 今回は125cc以下、原付&原...

買取・売却